特集

晋平太 『M.B.H』 から読み解くMCバトルの歴史 ~2003 BBP事件 観客審査の誕生 ~

シリーズでお届けしている晋平太 『M.B.H』 から読み解くMCバトルの歴史、ですが今回は2003年に引き起った審査制度に関係する騒動を紹介します。

M.B.H〜MC BATTLE HISTORY〜

2001三連覇のKREVA
から全て始まったとすれば
その土台を作ったKANに般若
本物見分けるファンに感謝パンパンの風船破裂するのは自然さ
それが丁度2003
ラッパーがラッパーを審査 する不自然さ

バトルのなかった2004年
の年のこたもう覚えてねぇけど
ダメレコ、ICEBAHN、MS(C)、韻踏(合組合)
辺りが徐々にundergroundキングにcipher始まるハチ公前
広がった各地あちこちまで

覚えてるぜ種を蒔いたあの日
吹きゃ消えるようなライターあの火おだまりラップ道場 破りstyleで
堂々と始まったUMB
2005年 国技館で復活BBP
歴史的瞬間だった
火山が噴火したんだ
KEN(THE390)もCOMACHIも
みんないたんだ

some time im wonder語られてく名勝負
未だによく聞くHIDA対FORK
PUNPEEでもラップが上手きゃ勝てる
GOCCIがトップに立ってる
今もよく見るDVD 2008年東京予選
エントリーする相当なメンツ
強化されてく即興のセンス

般若の次の時代は荒れる
鎮座は人をイライラさせる
見てるこっちをヒヤヒヤさせては
最後持ってきニヤニヤさせる

はじめの一歩歩んだ皇帝
vs日本最強の童貞
あの瞬間が一つの分岐点
皆感じた空気で
2011はまさに戦国時代
大名は遠慮はしない
ヘッズだったサイプレスが最年長
平成生まれ達はハイテンション

あれから何年経った?
MCバトルはドラマになった
先駆者築く土俵のもとで
時代は次の主役を求め
晋平太から渡ったバトン
Rが握るバトルのハンドル
ENTER 戦極 それから罵倒
誰もが夢見る明日は勝とう
変わってく方向性が
ラップに目覚める高校生が
誰が次のマイクをコントロール
この話には無いぜエンドロール

2003 B-BOY PARK事件

パンパンの風船破裂するのは自然さ それが丁度2003
ラッパーがラッパーを審査 する不自然さ

晋平太「M.B.H~MC BATTLE HISTORY~」

 

2004年にBBPでMCバトルは開催されることはなかった。2003年に起こった時間が原因で中止となってしまったからだ。

それは2回戦の「般若 VS FORK」にて、審査員たちのFORK勝利という判定に般若が異を唱え、観客席の歓声で勝敗を決定することになった。

しかし歓声の大きさも互角であったため、勝敗をつけることができなくなり、般若サイドのセコンドがリングに乱入し、大会は中断してしまった事件である。そのときの司会はMC RYU。審査員は、荏開津広、GANXSTA D.X、小林雅明、古川耕、BOY-KEN、柾虎、DJ YAS、ROCK-Teeの8名。


2回戦第4試合、「ICE BAHN」フォークVS「マル妄」般若という中盤にしてかなりの注目カード。前評判に違わぬレベルの高い試合だったが、5-3でフォークの勝ち。しかし般若、リングから降りない。

スタッフの誘導をシカトしてマイクを奪い取り、審査員をDISり始める。 リングサイドからDENや565も応援に駆けつけ、「客が審査しろよ、あいつら審査員に何がわかる!」と騒ぎ出す。いつしかマル妄達(主に565)によるDISの矛先は対戦相手だったフォークに対しても向けられ、 それにカチンと来たフォークが玉露などICE BAHNのメンバーを引き連れてリングに戻って来る。

睨み合うマル妄とICE BAHN。一触即発。司会のRYU、これは収拾がつかないと判断したのか「よし!じゃぁ、オーディエンスに聴いてやる!お前ら、今のバトルどっちの勝ちだ!?」と観客の声援で勝負を判定。 結果、8-2くらいでフォークが優勢。ノリにノるフォーク率いるICE BAHNのメンバー達。

収まらないマル妄(主に565)、「お前らもシット(?)だ!」と観客席に突っ込んで殴りかかろうとする。 さすがにスタッフに止められ、そのままバトルは中断してしまう。

与太者道中膝栗毛:いただきマフィア – livedoor Blog(ブログ)

そして決勝戦後の表彰式に般若が乱入してKANにバトルを申し込む。4分30秒あたりからです。そして7分ごろにKANが乱入してフリースタイルが勃発します。このときはかなり調子が上がっているように感じました。



その翌年BBPは中止となった。それを受けてMC漢がMCバトルトーナメント「お黙りRAP道場」を開催した。「お黙りRAP道場」では審査員による判定制度は廃止され、観客による歓声の大きさと、会場から無作為に選出された陪審員による判定の2本勝負で行われ、のちのUMBのシステムの骨格となった。

まとめ

現在のUMBの観客審査&陪審員審査はこのようにして誕生したようです。ですがのちに漢自ら、審査員制度を導入したUMBを新たに生み出します。たぶん連載5回目ぐらいで話すことになるかと思います。次回はUMBの誕生と群雄割拠の時代を紹介します。

コメントを残す

*