特集

【KOHH】 海外人気のキッカケとなった一曲

ラッパーのKOHH(コウ)が先月6/17にアルバム「DARTⅡ」をリリース。先日はイギリスロンドン公演も大盛況で終えるなど、国境を越えて人気があるようだ。それを示すかのように「DARTⅡ」はiTunes Store US のヒップホップチャートではトップ50位にランクイン。UKやフランスさらには台湾のチャートでも35位圏内にランクイン。人気は本物のようだ。

kOHH

KOHH – ”Die Young” Official Video
死んでもいいけど死にやしない
殺せるもんなら今殺せ
michel basquiat,jimmy hendrix,kurt cobain
殺せるもんなら二度殺せ
あいつら死んでる魚の目
友達いつでも真っ赤な目
めちゃくちゃいい女を抱いてる
最高だけど昔最低
俺達に明日なんて無い
俺達に明日なんて要らない
明日よりも今日だけが大事
俺達に明日なんて無い

die young

死んでもいいけど死にやしない
殺せるもんなら今殺せ
michel basquiat,jimmy hendrix,kurt cobain

死んでもいいけど死にやしない
殺せるもんなら今殺せ
michel basquiat,jimmy hendrix,kurt cobain
殺せるもんなら二度殺せ

KOHHとは?

KOHHとは1990生まれの北区王子生まれの団地育ちのラッパー。日本でKOHHの名前が知られるようになったのは2014年あたり。アルバム『Monochrome』内に収録された「貧乏なんて気にしない」という強烈なフレーズの楽曲や、K DUB SHINEとの対談動画で注目を集める。適当な男「JYUNJI TAKADA」という斬新な曲や「母親が麻薬中毒だった」などシンプルでストレートな表現のリリックがヘッズを魅了。過酷な人生経験を歌うが重くなく、むしろかっこいい。

MV”貧乏なんて気にしない”

なぜKOHHが人気になったのか?

KOHHが海外で注目を浴びるきっかけとなったのは、韓国のラッパーKeith Apeとのフィーチャリングした「『잊지마 (It G Ma)』だ。曲タイトルの意味は「忘れるな」だ。既にアメリカで人気のあったKeith Ape経由で火が付いた模様。本曲はHI-LITEからはOkasianが、そしてKeith ApeとOkasianの所属するThe CohortクルーからJay All Dayが、そして日本からはLootaと我らがKOHHが参加。日韓コラボレーションとなった本作は動画再生が2千万回数を突破。コメントも海外のユーザーで溢れている。今後も日本、世界での活躍が望まれる。

Keith Ape – 잊지마 (It G Ma) (feat. JayAllDay, Loota, Okasian & Kohh)
パンチライン

「ブルーハーツもやりたくねぇことやってるヒマはねぇって言ってたマーシー。タシロじゃない」

パンチラインの元ネタ

ブルーハーツのギタリスト真島昌利(マーシー)が歌う「ブルースをけとばせ」の歌詞より引用。

第9回高校生ラップ選手権 KOHHのスペシャルライブ&メッセージ

コメントを残す

*