特集

WEBNOKUSOYAROって誰?WEB発のラップ異端児。

サウンドクラウドでポケモンGOのハウスっぽいRemixないかな~とあさっていたところ、ラップ系の楽曲が多くあった。その中のひとつがあきらかに完成度が高く、そのアーティストの楽曲をさかのぼっていった。その楽曲は昨今のバトル上がりの若者とはまったく違ったオリジナリティをもっていた。しかもラップを始めたのは2016年らしいのだ・・・その名はWEBNOKUSOYARO(ウェブのクソヤロー)

ウェブクソ傑作選

サウンドクラウドに楽曲を量産しているWEBNOKUSOYARO。なんとラップを始めたのは2016年。そのなかで名曲を紹介していきたい。

最も正しい便乗ソング「ポケモンGOを讃えよ」

ポケモンGOのラップ?はいはいバビロンがどーの、メディアに踊らされるなとか説教臭いやつでしょ?って思ったら・・・この少し抜けた感じほしかったんだんです。流行りに乗りつつ、多少の皮肉・・・これぞ最も正しいポケモン便乗ソングである!

あいつもあいつもあいつも
あいつもあいつもあいつも
ポケモンGO子供たちの手本となる
大人も ガキ 蹴散らし ポケモンGOむしろ やってない奴を見ないしょ
公園 たむろ目的 皆一緒
近所のじじいが 戸惑ってる
でも 実は じじい カイリュー持ってるコミュケーションツール最強
今 これ やらない手 はないよとてもハッピーな 高いテンションで
これはガチな 社会現象です
純粋に楽しめるの きっと今だけ
どうせヒマだろ?全員やれよポケモンGO田舎にゃ全然いなーーーい
じゃ町を出ちゃえば いいじゃない
パンを食べればいいじゃない
めちゃくちゃ いい加減な 発言
でも 割となるぜ ポケモンがキッカケ昨日まで 誰も居ないような所
桜 吹雪いてるから 行こうかね
面倒 でやらなかったこと全て今
ポケモンGO に押し付けよう部屋片付けたらポケモン出るかも知れないから片付けよう
買い物行くめんどいけどレアポケモン出るかも知れない から行こう大人も子供も流行りに賢く便乗
合わせる ゲームに 新しいピント
楽しめた分だけ金 払え
pay 無き業界 に明日は無いポケモンGO

最も正しいフリースタイルダンジョン便乗ソング

クリーピーナッツ(R-指定とDJ松永のユニット)の合法的トビカタノススメのトラックでフリースタイルダンジョン愛を語る便乗ソング。フリースタイルダンジョンファンはクスッとしてしまうこと間違いなし。

最初ライブださかったけど~

伝説的ライブ「パイナポジュース」を指す。

リリーさんの寸評、的を得てねえよ、って思ってたけど最近超テ・キ・カ・ク

間違いなくいえることはTパブロ贔屓であることである。

あとでてきてないのはチプルソかな?呂布カルマかな?スナフキンかな?

輪入道かな?ヒダディーでてきたらウケるな!

ウケたってことですね。

首かっ切る 打ち込む弾丸 こんな感じ フリースタイルっぽい感じ で打ち込む弾丸

高校生ラップ選手権あるあるを随所に織り込む。

「凡人3部作」 ふつうの人が表現方法を獲得するまで

ラップという表現方法を手に入れ、意思を伝えることの喜びに気付き、ラッパーとして曲を残すことを決意する凡人3部作(勝手に名付けた)。

普通の人がラップに出会うストーリーは今までHIPHOPに興味を持てなかった人も引き付けるものがある。どちらかというと高校のときヒエラルキーの底部にいた凡人の心の叫びのように聞こえる。

ギャグラップを連続で聞いたあとにこれをきくとめちゃくちゃ感動する。曲順的には「new output device」「aima rapper」「満を持して金を取るぜ」がきれいな流れ。

クソサブカル撲殺ソング(だが愛着が抜けきれてない)

絶対サブカル出身だなとわかる曲「下北沢おもったよりウザくない」。「サブカルは悪口である。」今までうすうす感じてたけど言わなかったことが高らかに歌われている。

サブカルのサブカル叩きは流行りではあるが、中には「サブカル男子」と言われて得意げにするカスも少なくない。そーゆうやつはイオンモールのビレバンで日常系漫画のうんちくでも語ってろと言いたい。

結局WEBNOKUSOYAROって誰?

インターネット上で活動しているラッパー。でも実際にライブもしているみたい。アルバムも2枚だしてるみたい。すぐに活躍することはないだろうが、数年後りんご音楽祭あたりにはでてるんじゃない?笑

コメントを残す

*