media

ドラマ“SRサイタマノラッパー”のエンディング曲は誰?

ヒップホップ青春映画“サイタマノラッパー”が帰ってきた。4月7日より金曜の深夜枠で『SRサイタマノラッパー~マイクの細道~』が放送開始になりました。オープニング曲はRHYMESTER、エンディングは“ぼくりり”が担当しています。

放送期間

毎週金曜0:52-1:23(金曜深夜)

サイタマノラッパーとは

埼玉の田舎町を舞台にラッパーとしてのサクセスを夢見る青年たちのヒップホップ青春ストーリー。ヒップホップグループ「SHO-GUNG」のメンバー、IKKU(駒木根隆介)、TOM(水澤紳吾)、MIGHTY(奥野瑛太)の3人が、東北各地をさまよいながら、ずっと追い続けてきた“あきらめきれない夢”、“青春”とケジメをつける姿を描く。2009年に入江悠監督が自主映画として制作。数々のタイトルを受賞した作品。

オープニング曲はRHYMESTER

オープニング曲を担当するのはRHYMESTERです。約2年ぶりとなる新曲『マイクの細道』を2017年4月26日(水)から配信限定でリリースする。

エンディング曲は「ぼくりり」

エンディングのメロウな曲を歌っているのは「ぼくのりりっくのぼうよみ」という若手アーティスト。エンディングテーマとして書き下ろされた新曲「つきとさなぎ」は5月24日にシングルとしてCDがリリースされます。

サイタマノラッパーのカワイイ子は誰?

第一話で東北で出会ったスナックの女性“TOKO”は、ファッションモデルの山本舞香さんです。ちなみにIKUU妹まみ役のカワイイ子はグラビアアイドルの“柳ゆり菜”さんです。

 

昔のテーマ曲

「SHO-GUNG」×「 SRサイタマノラッパー」 PVフルver.

 

サイタマノラッパーは6月まで放送予定となっています。

 

コメントを残す

*