RAP News

晋平太、事務所移籍前にダースと漢に会っていた。

漢と晋平太はフリースタイルダンジョンに審査員とモンスターとして出演していた。出演に際しては、制作サイドに迷惑をかけないためLIBRAと9sari騒動の件をはっきりしておく必要があった。漢はあらためて晋平太にLibra所属でないことを確認し、共演を許可した。

しかし晋平太は2016年のUMB司会もつとめることを知り不仲に。

鎮座DOPENESS VS 晋平太 『16万争奪MCバトル(2012)』

2016年7月8日、晋平太がドリーミュージックに所属したことはこのサイトでも紹介しました。

拙者が運転者 論争に終止符か? 晋平太がドリーミュージック所属へ


事務所移籍発表前に晋平太は漢と会っていた。

clipimage_44

ダースレイダーのブログによると2016年7月8日(晋平太が事務所移籍の発表の前日)に3人で会って話したことをブログで伝えています。

ドリーミュージックが主催するU22 MC BATTLEからLIBRAが外れたことで今後のことについても話してきたそうです。

晋平太へ提案した趣旨

2016年のUMB司会業について、出演が決定している今からでも断るべき。なぜならLibra所属でない今、いちアーティストとして出演を拒否することができるから。そうすればキングオブキングスのチャンプをU22 MC BATTLEに出演するなどのコラボも可能になる。

フリースタイルダンジョンへの復帰

clipimage_47

決断するならば、某番組での対決なんてみんなが観たい展開も在りうるのでは?というとおりフリースタイルダンジョンへの復帰も示唆しています。

MCバトルとHIPHOP

Libraと9sariの論争は単なる権利争いではありません。リアルを前提とするHIPHOPという表現行為において、給料未払いや従業員への暴力行為が行った企業への、アンサーを返さなければいけないと、漢さんたちは感じているのです。

そしてMCバトルの方向性にも関わっています。このままHIPHOPというカルチャーとかい離したスポーツ化してしまうことへの抵抗として、審査員制度をとりいれたKOKを旗揚げしています。Libraと9sariの論争はそういった背景があります。

まとめ

ダースレイダーのブログはこのようにしめられています。

KING OF KINGSはHIPHOPの大会だ。

出典:ダースレイダーブログ

コメントを残す

*