RAP News

宇多田ヒカルと共演、PUNPEEって誰?12月9日にネット配信ライブ

ネットにビッグニュースが飛び込んできました、KOHHに引き続き今度は宇多田ヒカルとPUNPEEがコラボするようです。その内容とPUNPEEについて紹介していきたいと思います。

PUNPEEって誰?

06年Libra主催【UMB】東京代表。トラックメイカーとしてもSeeda、般若、NORIKIYO、TOWA TEI、tofubeats、後藤正文等、Hip Hopアーティストを中心にトラック、REMIXを提供。

2006年彗星のごとく現れる

2006年、MCバトルの大会UMBに彗星のごとく現れる。当時HIPHOPやMCバトルの人はB-BOYファッションに身を包んだいかついあんちゃんがほとんどだったが、チェックのシャツでまるで一般ピーポーを彷彿とさせるようなナリで、超絶なテクをみせ人々の脳裏に焼き付くこととなる。

自身が通っていた中学が相当の不良学校で、いじめられっ子グループに属していたが、「ゲームをたくさん持ってるからあいつはイケてる」と言う理由で、不良でもなくいじめられっ子でもなく、一般人の地位を築く。これが名前の由来となったらしい。

DJ・トラックメイク・プロデュースもこなす

DJの腕にも確かなものがあり、2009年の「AKAI PROFESSIONAL PRESENTS SAMPLER BATTLE GOLDFINGER’s KITCHEN 2009」で優勝、自ら楽曲も手掛ける。例えば水曜日のダウンタウンの音楽は彼のものだ。

実の弟S.L.A.C.K. (5lack)とともにPSGでデビュー、KREVAや、ZEEBRA、Bach Logicなどに高く評価されている。プロデュース業などもこなし数々の有名ミュージシャンとコラボしている。加山雄三のお嫁においでで、HIPHOPを知らない界隈にも有名になる。

弟S.L.A.C.K. (5lack)もヤバい

ちなみに実の弟S.L.A.C.K. (5lack)は東京オリンピックの公式CMの楽曲をうたっている。

こちらはトラックメイカーのSTUTSとのコラボ「夜を使い果たして」名曲すぎる!

宇多田ヒカルとPUNPEEはどんな関係?

PUNPEEは宇多田ヒカル好きを公言しており、その縁でDOMMUNEで放送されたビュート・アルバム『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』の特番に出演し、彼女の楽曲のみのDJを披露、後日その模様がアルバム公式サイトに掲載された。

宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-

12月8日にKH2.8テーマ曲「光(Ray Of Hope MIX)」(REMIXED BY PUNPEE)が配信されることが決定した。光はキングダムハーツ1の主題歌、さらに12月9日にネット配信ライブが決定している。

サントリー天然水PRESENTS「30代はほどほど。」

 

コメントを残す

*